訪問入浴の看護師の服装は?

訪問入浴看護師求人TOP >> 訪問入浴の看護師の服装は?

訪問入浴の看護師の服装は?

看護師といえば「白衣の天使」などとも呼ばれ、白いナース服で働くイメージがあります。このイメージはもっぱら病院・クリニックなど医療機関で働く看護師から連想されたものですが、看護師の職場が多様化し、介護・福祉の分野や一般企業で働くケースも増えている今、そんなイメージも変化しつつあります。

では訪問入浴の看護師はどのような服装で働いているのでしょうか?これから訪問入浴の分野で働きたいと思っている人にとってはあらかじめ知っておきたいことでしょう。しかし求人情報を調べても働く際の服装に関してはまず掲載されていませんし、訪問入浴の仕事に関する情報を掲載しているサイトでもなかなか知ることができません。

訪問入浴の看護師の服装に関しては各事業所によって決められるのが原則です。そのため事業所ごとの決まりやルールに従う形で決められます。通常は入職後に制服が貸与されるのでそれを着用することになります。ただ、事業所ごとにルールや制限がバラバラ、貸与される制服にも個性があるといったことはなく、基本的にはどこも似たような感じの制服で働くことになります。

簡単に言ってしまえば医療機関の看護師と似たような制服といってよいでしょう。世間一般のナース服のイメージを思い浮かべればほぼ問題ありません。やはり看護師という職業には清潔なイメージが求められますし、介護業界でも医療業界と同じくらい衛生面への配慮が必要です。

また、よい意味で「当たり障りのない」服装が求められるのも訪問入浴の特徴です。利用者の自宅に赴いて作業を行うわけですから、あまり派手な服装や仕事のイメージに合わない服装はやはり適しません。また、車でサービス利用者の自宅を移動して回りながら仕事を行うわけですから、動きやすい服装であることも求められます。医療機関で働く看護師との違いといえば帽子は着用しないケースがほとんどといったくらいでしょうか。

ただ汚れやすい環境も考慮されてから白衣に加えてエプロンの着用を求める事業所も見られます。この点に関しては看護師がどこまで介助作業に加わるかによっても異なってくる問題でしょう。また、外を回るため、季節によっては防寒対策が必要になります。

このように、訪問入浴で働く看護師の服装は他の看護師の職場と比べてもとくに際立った特徴は見られず、世間のイメージの延長線上で考えて問題はありません。もちろん、アクセサリーや髪型なども同様です。

訪問入浴の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】




Copyright (C) 2014 訪問入浴看護師求人ガイド【※人気サイトを厳密比較】 All Rights Reserved.