訪問入浴の看護師を辞めたい時は?

訪問入浴看護師求人TOP >> 訪問入浴の看護師を辞めたい時は?

訪問入浴の看護師を辞めたい時は?

医療機関での勤務に比べて残業が少ない、あるいは夜勤がないなどゆとりのある就業環境で働けるといったメリットがあると言われています。そんな訪問入浴の仕事に就いたにも関わらずやめたくなってしまう理由とはどのようなものなのでしょうか?

まず雇用形態について見ておく必要があります。訪問入浴の求人の大半はパートでの募集。これは勤務時間や出勤日の都合がつけやすく、家庭との両立をしやすい点から歓迎されている点なのですが、看護師としてのキャリアを積んでいく上ではどうしてもマイナスとなります。たとえば子育てがひと段落して改めて看護師としてのキャリアを積みなおしたい、と考えた場合、このパートという雇用形態は大きなマイナス要因となります。

この雇用形態の問題とも関わってきますが収入の問題もあります。介護業界はどこも人手不足と財政上の問題を抱えているといわれています。そもそも人手不足の原因のひとつが給与面の問題。収入が低い、あるいは昇給が期待できない環境から人が集まらず、離職率が高いのです。収入には比較的恵まれていながら過酷な勤務環境で人手不足に陥るケースが多い医療機関とは正反対ともいえる状況です。そのためフルタイムで働く場合、どうしても収入面の不安や将来の展望が開けないといった理由から辞めたくなる時期が訪れることが多いのです。

職場の環境も辞めたくなる理由になることもあります。たとえば体力的な面。実際の入浴介助の仕事は介護福祉士やヘルパーが行うため、介護職に比べれば体力の負担は少なく済みますが、入浴に必要な道具や機材を運ぶこともありますし、バイタルチェックの際に利用者を動かすのに腕力が必要になることもあります。また一日中車であちこちを移動することで体力も消耗します。30代前半くらいまでならそれほど苦にならないこれらの負担も年齢を重ねるごとに大きな負担になっていきます。先ほど挙げた給与面における将来への見通しの不安とともに辞めたくなる理由となります。

あとは仕事のプレッシャーに耐えかねて辞めたくなるケースも考えられます。訪問入浴では看護師1人と介護職2人がチームを組んで利用者宅を回るのが一般的です。そのため入浴の可否の判断など看護師が全面的に責任を負うことになりますし、万一入浴中に体調が急変した場合には看護師が対応しなればなりません。こうした重い責任に心身ともに疲弊してやめたくなるケースも多いのです。こうした理由もあらかじめ把握したうえで就職・転職活動を行っていくようにしましょう。

訪問入浴の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】




Copyright (C) 2014 訪問入浴看護師求人ガイド【※人気サイトを厳密比較】 All Rights Reserved.