訪問入浴の看護師は大変?

訪問入浴看護師求人TOP >> 訪問入浴の看護師は大変?

訪問入浴の看護師は大変?

介護の仕事は大変だとよく言われます。介護保険制度や各事業所の経済状況の事情から高収入があまり望めない環境で働くケースが多いことも理由のひとつですが、それ以上に実際に業務内容が心身に負担をもたらすとも言われます。訪問入浴の場合、介護施設に通うことができない健康状態の人にサービスを提供するため、体を動かすなど体力的な負担が大きくなります。また、寝たきりの生活を送っているなど思うように体を動かせない生活を送っている人はストレスを蓄積させてしまっているケースも多く、うまくコミュニケーションをとれずに相手の協力を得ることに苦労させられることもあります。逆に日ごろ人と接する機会がないため、コミュニケーションの相手を求められることも多く、気を遣いながら接することも求められます。こうした仕事内容から、心身の負担が大きいと言われているのです。

では訪問入浴で働く看護師はどうでしょうか。実際の入浴の介助は介護職の人が行います。その点では体力的な負担はそれほど多くないといえるでしょう。少なくとも腕力が必要だとか、働いている間に腰など体を壊してしまうといったことはありません。だからといって看護師の仕事が楽というわけでは決してありません。

訪問入浴の看護師の仕事が大変なのは主に利用者とその家族への精神的なケアでしょう。まず利用者が安全に入浴できるかどうかを判断し、責任を持つ役割が求められます。事前にバイタルチェックを行い、体温や脈拍、最近の健康状態を踏まえたうえで入浴が可能かどうかを判断するのです。可能と判断して入浴したにも関わらず後で健康状態が急変するようなことがあってはなりません。一方、もしバイタルチェックの段階で問題があり、「今回は入浴は控えた方がよい」と判断しなければならなくなった場合にはその説明と説得が求められます。これが簡単ではありません。当然先方はサービスをしてもらうために来てもらったわけですし、利用者はそのつもりで楽しみに待っていたわけですから、それを説得するのは簡単なことではありません。冒頭にも挙げたように、ストレスが溜まっている利用者も多いですから、いろいろと問題が起こることもあります。

こうした作業を1日何軒も回りながら行う必要があるのです。時間の融通がつきやすく、ゆとりを持って働ける職場である一方、こういった大変な面があることも知っておくべきなのでしょう。ただ、こうした環境にやりがいを感じる人がいるのも事実。就業環境だけでなく自らの適性も考慮したうえで就職・転職先として検討してみてはいかがでしょうか。

訪問入浴の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】




Copyright (C) 2014 訪問入浴看護師求人ガイド【※人気サイトを厳密比較】 All Rights Reserved.